2009年07月31日

映画2本映画(かちんこ)

7月に観た映画が2本。

「MW−ムウ−」と「天使と悪魔」

ムウはお友達の林君が出演していたので見に行きました。


林君の役は捜査員。台詞もありました。祝マーク
アップになる場面も。でも一緒に行った人誰も気付かず・・・あせあせ(飛び散る汗)

まあいいや、堪能しました。
感想としては、原作のプロットがしっかりしてるから面白かった。
玉木宏はあんなもんでしょう。
山田孝之のほうを今まで食わず嫌い的に避けてきたので
思いがけず山田孝之に魅了されてしまいました。
玉木宏は細すぎ!!

天使と悪魔


前作のダヴィンチコードを観て原作も読んでましたので
どういう風に原作を映像化してくれるのか楽しみにしていました。

やはりイタリアとかヴァチカンとか実際に見た事がなかったので
サンティの墓とかネクロポリスとかイメージしにくかったんですよね。
でもイメージよりもドロドロしてなくてかなり近代的でがっかり。

もっとさ〜、おどろおどろしいヴァチカン内部を想像してたのにな〜。
残念です。

変わりに、枢機卿の世俗にまみれた泥臭さみたいなのが
コンクラーベの場面で描かれていて「ひゃ〜青ざめ」と違う意味で怖くなったわ。
映画を観る前にたまたまキリスト教の悪口を書いた本を読んでいたので、
このたくさんの聖職者たち(法王も枢機卿もカメルレンゴもスイスガード)も悪い事しとるんやろな〜。
やっぱりな〜。って思いのほうが強かったですね。

は〜、キリスト教って怖い。
posted by torao at 13:44| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。